w. a. more PLUS

再び東京

寺参りを済ませて、そのまま東京へ向かい、
宿泊先へもどる途中、会社へ行って挨拶。

入社早々バタバタしたけど、ちゃんとばーちゃんを
送り出せて良かった。
入社初日なのに、快く送り出してくれた会社に感謝。

んでもって、
「ばーちゃん、これまで可愛がってくれてありがとね。」
[PR]
# by 19_ongaku | 2006-04-05 00:00 | 日記

寝ずの番

おれの両親をはじめ、親戚のおっちゃんたちは
昨日からばたばたしてて、かなりグロッキーになってたので、
おれと従姉で、線香の番をしてました。

ばーちゃんの話をいろいろしながら、4時くらいまで
話してたかな。
おれは、実家に戻るとホント酒を飲まないんだけど、
白面じゃいられなくて、気が付くと缶ビールを6本
あけてました。でもこういうときって全然酔えないんだね。

従姉も昨日からほとんど寝てなかったようで、気が付くと
おれ一人が起きてました。なんか、静かになると
すげー寂しくて、明け方に声あげて泣いちゃいました。
こんな歳にもなって、こんな泣き方するなんて自分でも
驚いたなぁ。

落ち着いて、しばらくぼーっとしてたら、伯母が目を覚まして、
番を交代するから休みなさい、と言ってもらい、6時前くらいに
少し眠りました。

目を覚ますと、葬儀の準備をして、斎場へ。
当たり前だけど、葬式なんてやっぱり嫌なもんで、また少し泣いた。
[PR]
# by 19_ongaku | 2006-04-04 00:00 | 日記

帰郷

翌朝、会社は空港へ向かう道すがらだったので、
社長とダイレクターに挨拶をして、ほんとに持つものも
持たないでって感じで、東京を発ちました。

思いがけず地元に戻り、取り急ぎ礼服を仕立てて
伯父の家へ向かい、通夜に参列しました。

悲しいと言うよりは、なんか不思議な感じで
「ほんの何時間前まで東京にいたのに、飛行機ってすげーな」
とか、
「ほんとにもうばーちゃんいねーのかな」
とか、ぼーっと考えてました。
[PR]
# by 19_ongaku | 2006-04-03 23:59 | 日記

春にして君を離れ

ついに、明日から社会人ってことで、東京へ向かわなければ
ならない日。でも、なんか気分がのらなくて、結局マンスリー
マンションの最終チェックインにギリギリ間に合う時間に
京都を出ました。

新幹線に乗ってたら、マイミクのじゅん×じゅんさんから
ケータイにメールがきて、お祝いの言葉を頂いたりしてました。

で、ようやくマンションについて一息つく間もなく、実家から
電話がかかってきました。
以前倒れて以来、ずっと意識のなかった祖母が亡くなったとの
知らせでした。

とりあえず、上司と先輩に連絡をしてみると
「研修はいつでも受けれるから、早く帰ってあげなさい」
と言ってもらい、入社初日から忌引ということになりました...
[PR]
# by 19_ongaku | 2006-04-02 21:55 | 日記

ベストピクチャー

「宝物は何だっけ? 思い出せず苛ついて
 折ろうとした筆が こう言った気がした
 『ずっと見てたよ 絵が好きなんだろう?』」
(BUMP OF CHICKEN "ベストピクチャー" 2000年)


 

絵は描けないんだけどね
[PR]
# by 19_ongaku | 2006-03-24 22:27 | お仕事


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31