w. a. more PLUS

帰郷

翌朝、会社は空港へ向かう道すがらだったので、
社長とダイレクターに挨拶をして、ほんとに持つものも
持たないでって感じで、東京を発ちました。

思いがけず地元に戻り、取り急ぎ礼服を仕立てて
伯父の家へ向かい、通夜に参列しました。

悲しいと言うよりは、なんか不思議な感じで
「ほんの何時間前まで東京にいたのに、飛行機ってすげーな」
とか、
「ほんとにもうばーちゃんいねーのかな」
とか、ぼーっと考えてました。
[PR]
by 19_ongaku | 2006-04-03 23:59 | 日記
<< 寝ずの番 春にして君を離れ >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30